リタイア資金8000万の実力

いろいろ

こんにちは、Chiritsumoです

私はアーリーリタイアを目指していますが、リタイア資金については、いろいろと検討してきました

そんな中、8000万という金額が秘めたる実力を持っていると考えるようになってきました

1億には届かない・・・

しかし高額すぎて、なかなか注目されることのない8000万の実力とは?

今回は、そんな話です

スポンサーリンク

アーリーリタイア資金の相場

アーリーリタイアのメリットとデメリット

アーリーリタイア資金についての自分の試算は、50歳独身で6000万円です

これについては、記事にして根拠を整理した上でシミュレーションを行なっています

アーリーリタイアに必要な資金を考えてみる
アーリーリタイアを検討する中で悩ましいのは、一体いくら貯めれば安心してリタイアできるのか?という事です。もちろん、実現したい生活環境や安心できる安全率は人よって違うので答えはありません。自分に合ったリタイアの形を悩みながらも模索する話です
アーリーリタイア 資金シミュレーション(50歳,6000万)
アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?そこで、不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回はリタイア年齢50歳,リタイア資金6000万円でのシミュレーションです

一方で、セミリタイア・アーリーリタイアブログを調べて簡単な統計を取ってみました。

相場という言い方が適切かはわかりませんが、

アーリーリタイア:5000万円(50歳時点)

セミリタイア:3000万円(年齢に関係なく)

というのがリタイアブログ界隈では多いようです

リタイアで失敗しないために。リタイアブログを分析してみる
アーリーリタイア実現 に向けて必要な資産を考えるとき、リタイアブログを参考にしています。自分の設定資産の位置付けを知ることはリタイア資金で失敗しないために有効な事です。そこで、リタイアブログのリタイア資金額の分布を調査・分析してみます

資金8000万円の位置付け

今回自分が注目しているリタイア資金8000万について、その強みを考えていきます

もちろん、8000万というリタイア資金はアーリーリタイアとしては多い方ですし、誰もが確保できる金額ではありません

ただ、そこまで辿り着けば別世界が待っていると言えるでしょう

配当金生活ができる

まず言えるのは、夢の配当金生活を実現できる可能性が高いということです

配当利回り3%(税引後)と考えると、5000万円を投資に投入すれば年間150万円の配当金を得ることができます

150万円あれば、私の場合生活できます

つまり、夢の配当金生活となるわけです

資産が減らないリタイア生活ができるわけです

貯金を取り崩しながら実行するリタイアの場合、計画通り進んでいたとしても、資金が減って行くのを気にして、それがストレスになりそうですが、資産が減らなければそんなストレスとは無関係なリタイアが実現できます

しかも、5000万というのは全財産ではありません

8000万円あれば、5000万をリスク資産に置いた上で3000万の安全資産を確保できます

これは心強いです

リスクに強い

通常5000万円もの資金を投資に投入することは大抵の場合リスクが高すぎて出来ません

しかし8000万あれば、5000万をリスク資産に置いた上で3000万の安全資産を確保できます

そして、3000万円というのは、セミリタイア資金です

つまり、

5000万円のリスク資産が完全に溶けてしまっても、セミリタイア生活ができます

また、5000万円のリスク資産が半額になっても、3000万+2500万=5500万であるため、

普通のアーリーリタイア生活に移行できます

つまり、2重3重に予防線を張ることが出来るというわけです

それが、8000万円です

スポンサーリンク

1億円より少ない

8000万円というのは、当たり前ですが1億円よりも少ないです

この「1億を超えない」というのが気持ちの上で良い効果を生むのではないかと考えています

もし「億り人」になってしまうと、もう1ランク上の生活を意識してしまいそうです

なにせ富裕層ですから!

しかし、8000万円は5000万と同じ準富裕層です

5000万アーリーリタイアと同じ金銭感覚でリタイアすることができるのではないでしょうか

そうなれば、破綻することなくコツコツと身の丈にあった生活を送れるでしょう

届きそうな金額差

アーリーリタイアしたら実現したい事

8000万は途方も無い金額だとは思います

しかし、自分は6000万円でアーリーリタイアを目指しています

6000万円と比較すれば、あと2000万円です

もちろん2000万円というのは大金ですが、6000万貯めることができさえすれば、届かない数字では無いと思います

数年のリタイア時期後ろ倒しと一発逆転の早期退職割増金制度

早期退職 割増金でアーリーリタイア はイージーモードになるのか?
会社が傾いてきたときに良くニュースになるのが、早期退職割り増し金です。これは、退職金を割り増しする代わりに自主退職を募り人員を削減する仕組みです。うまく利用すればアーリーリタイア 者にとっては追い風となる魅力的な仕組みではないでしょうか。

これらを組み合わせれば、達成不可能では無いと思います

あと4〜5000万と言われたら、「いや、もう無理」と思ってしまいますが、

あと数年我慢すると、別世界が待っている

そう考えると、

8000万円目指してみようかな

と考えてしまいます

ただ、早期退職割増金というのは、運もありますからなんとも言えませんね

そもそも、経営が傾いて早期退職割増金が出そうな時というのは、下手すると本当に倒産して普通の退職金すら出ない可能性もありますからね。

諦めて、スパッと早めにリタイアすることも大事だと思います

スポンサーリンク

まとめ

8000万の実力はやはり高いですね

自分は心配性なので8000万を目指すかも知れません

いきなり8000万という数字を目標にしてしまうと絶対無理!と思ってしまうかもしれませんが、

目標を一つづつクリアーしていって、近づいてきたら8000万を目指すというぐらいが良さげです

きっと別世界が待っていますよ

それでは、また

Chiritsumo

コメント