Sponser link
アーリーリタイア

アーリーリタイア資金シミュレーション(55歳,7000万)

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?というのは、常に気になってしまうものです。そこで、一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回のシミュレーションはリタイア資金7000万,リタイア年齢55歳です
アイテム

リストラ?早期退職希望者募集の動きが活発化

最近、早期退職希望者募集が増えているように感じます。景気が悪化の局面に入ってきたからなのか、それとも終身雇用崩壊加速の動きなのか・・・。2019年に入って発表されたリストラ案件をチェックしながら早期退職割増金の動向を確認していきます
アーリーリタイア

アーリーリタイア資金シミュレーション(55歳,6000万)

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?というのは、常に気になってしまうものです。そこで、一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回のシミュレーションはリタイア資金6000万,リタイア年齢55歳です
ブログ

拡大を続けるハラスメント

サラリーマンをやっていると、セクハラやパワハラ、マタハラという言葉をよく耳にします。この「ハラスメント」という言葉は、様々な場面に拡大しています。一体どんなハラスメントがあるのかを調べていきます。今回はそんな話です
いろいろ

実は今がサラリーマン アーリーリタイア黄金期かもしれない

私は今サラリーマンをしていて、アーリーリタイアを目指しています。リタイア達成するには、かなりハードルが高いと感じていますが、将来のサラリーマンが置かれる状況を考えてみると、今の方がリタイアしやすいのではないかと思うようになってきました。そう、サラリーマンがアーリーリタイアをする黄金期ではないかと。
ブログ

通勤時間は仕事の事は考えないというマイルール

ゴールデンウィークもそろそろ終わりが近づき、また仕事が始まってしまいますね。いつもの日曜日の憂鬱以上にゲンナリしている方も多いのでは無いでしょうか。そこで仕事の行き帰りや、休日夜の憂鬱に対する対処方法を考えます
いろいろ

「終身雇用はもう守れない」という経団連会長の発言に思う事

先日、中西経団連会長が「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と発言した事について、色々と話題になっています。この終身雇用の今後とアーリーリタイアへの影響について考えてみたいと思います
いろいろ

退職金制度の動向をチェックしていくべし

先日、退職金が20年前と比べて大きく下がっているという記事を目にしました。退職金は金額が大きくリタイア資金としてかなり当てにしているので今後の動向に注目しています。リタイアを考えている自分にとって、何を準備しておく必要があるのか?今回は、そんな話です
確定拠出年金運用

確定拠出年金 2019年4月 運用実績

確定拠出型年金の運用実績を定期的に確認していきます。運用方針はまだ定まっていませんが、試行錯誤しながら運用していきます。2019年4月30日時点での運用実績です
ブログ

今月のPV数 2019年4月

毎月PV数などをチェックしています。今月は2019年04月のまとめです
支出

2019年4月 支出実績

今月の支出合計は167,243円(前月比:ー29,685円)でした。ほぼ月予算通りです。異動が多い季節の割に良かったと思っています
アーリーリタイア

人生再設計第一世代ですか・・・

就職氷河期世代を「人生再設計第一世代」と呼び方を変更して、支援プログラムを作成するということが経済財政諮問会議で話し合われたようです。かなり話題になっていますね。皆が疑問を思った、この「人生再設計第一世代」について考えてみます
バケットリスト

HONDA SUPER CUB C125が売れている

先日Yahoo NewsでHONDAスーパーカブ C125が売れているという記事がありました。個人的にスーパーカブC125は注目していたので、人気があるようでなんだか嬉しいです。なので、スーパーカブC125の発表後の状況を追っていきます
いろいろ

子持ち家族のリタイアのハードルは高い

私はアーリーリタイアを目指している独身アラフォーです。リタイアを考えているときにいつも感じることは、独身じゃないとアーリーリタイアの難易度は跳ね上がるなぁとういことです。既婚者と独身との違いはどこにあるのか?を考えていきます
いろいろ

何歳まで車を運転するか〜池袋暴走事故で考える〜

池袋で87歳が運転する車が暴走し、死者が出るという痛ましい事故が発生しました。車の故障なのか、運転ミスによるものなのか、事故の真の原因は分かっていません。今回は自分は何歳まで運転を続けるか?ということを考えたいと思います
Sponser link