いつかは湖畔に住みたいという憧れがあります

イタリア大使館 別荘 バケットリスト

こんにちは、Chiritsumoです

皆さんは湖畔に住んでみたいと思った事はありませんか?

自分はかなり湖畔生活に憧れています

仕事をしていると、湖から会社に通うなんて夢のまた夢ですが、リタイアしてしまえば住む場所の選択肢は自由です

だとしたら、実現できるんじゃないか・・・

「終の住処」としての湖畔生活について考えてみます

今回は、そんな話です

湖畔に住みたいと思ったきっかけ

何故湖畔に住みたいと思うようになったのか。。。

思い返してみると、2つの建築への憧れがきっかけでした

中禅寺湖 イタリア大使館別荘

イタリア大使館 別荘

登山や観光で何回か中禅寺湖を訪れたことがあるのですが、

その時に立ち寄ったのがイタリア大使館別荘です

湖畔に面している側が大きなガラス張りになっていて、

あー こんな所でコーヒーでも飲みながら一日中ぼーっとしていたいなぁ

と憧れを持ちました

中禅寺湖って水が綺麗だし、周りは男体山や白根山など名山に囲まれているし、景観を楽しむ上で湖の大きさが程良くていいんですよね

昔の外国大使館は日本全国 いい所に避暑地を見つけますね。たいしたもんです

イタリア大使館 別荘

イタリア大使館 別荘

イタリア大使館 別荘

日光白根山方面です

 

イタリア大使館 別荘

イタリア大使館 別荘

家の中から素敵な景色を堪能できるなんて最高です!

小さな小屋でいいので、こんな感じで1日中コーヒーを飲んで過ごしたい

 

イタリア大使館 別荘

内装もいい感じです

 

スポンサーリンク

ル・コルビジェ 小さな家

Le-man Lake

もう一つ、湖畔への憧れを高めてくれた家は、ル・コルビジェの「小さな家」です

この家は、巨匠ル・コルビジェが自分の母のためにレマン湖の畔に建てた家です

中村好文さんの「住宅巡礼」という本で初めて存在を知りました

こじんまりとした小さな平屋ですが、湖に沿って長く伸びる形状は借景を存分に楽しめる形となっています

イタリア大使館別荘よりも、このくらいコンパクト感がある方が好みです

また、家だけでなく庭にもいろいろと細工がされています

いつか訪れてみたい場所の一つです

※ただ、予約をして行かないといけないらしいので、ハードルが高そう。。。

ル・コルビュジエが両親に贈った風景に溶け込む平屋住宅「レマン湖畔の小さな家」。 - #casa
近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、主にフランスで活躍した建築家ではあるがスイスの生まれである。そのスイスの山岳部よりは比較的温暖で過ごしやすいと言われるヴヴェイ郊外コルソーにル・コルビュジエが両親に贈った家がある。 風景

【Amazon】
住宅巡礼

新品価格
¥3,080から
(2020/8/23 23:14時点)

中村好文 著 「住宅巡礼」 オススメです

なぜ湖に魅かれるのか、もう一度考えてみる

湖畔に佇む家に住みたい

同じような水関係では「海」や「川」がありますが、住むとしたら「湖」に強く魅かれます

その理由を考えてみます

・水面が穏やか
・避暑地になっていて、夏は爽やか
・山が近く、登山好きにとっては遊びやすい
・台風や洪水の危険性が海や川よりも少ない
・海と違って津波の心配がない
・海辺のように潮風による塩害やベタベタ感がない

※あくまでイメージです

湖は「静かで安心」という感じが強いですね

常に穏やかで居る事ができるイメージです

あとは、趣味である登山との相性が良いという事も大きいです

例えば、釣りが趣味の中心だとしたら、多少リスクがあっても海や川を選ぶ可能性が高いと思います

実際住むことはできるのか?

Lake life

ネット上での物件検索ですが、いろいろな湖の湖畔物件を調べてみました

湖畔生活の可能性について探っていきます

物件数が非常に少ない

まず、物件数が圧倒的に少ない。。。

キーワードとしては「湖畔の家」なんてキーワードで検索できる不動産サイトはたくさんあるのですが、湖に近い物件というだけで、そもそも湖面すら見えない物件がほとんどです

湖が見える物件があったとしても、「湖畔が含まれる物件」となるとゼロに近いです

ちなみに中禅寺湖畔は二荒山神社管轄となっているようで、一般的には入手不可みたいです

中には個人的な別荘っぽい建物もあるのですが、裏ルートがあるのでしょう。。。

本気で探すなら、地場の不動産屋さんに直接相談した方が物件情報が出てくる気がします

価格がプレミア価格

あったとしてもメジャーな湖では湖畔の土地はプレミア価格が付いてますね

しかも直ぐに売り切れになっているし。。。やっぱ人気なんですね、湖畔は。

また自然公園として国が管理しているなど、土地を入手できたとしても建築条件が厳しい物件もあるようです

超豪華な建物付きの物件であればいくつかありましたが、億前後の金額になるため節約系アーリーリタイアを目指している身としては、行ってはいけない世界です

湖畔生活を実現するとしたら・・・

節約系アーリーリタイアをしながら、湖畔生活を実現するには、

少しマイナーな湖で建物のない土地だけの安い物件を地場不動産屋さんで探し、

小屋は自作するか、タイニーハウスやトレーラーハウスという手が一番現実的かもしれません

なかなかハードルが高いですね

物件がありそうな湖

自分ネット調べですが、

野尻湖(長野県)
山中湖・河口湖(山梨県)
浜名湖(静岡県)
琵琶湖(滋賀県)
洞爺湖(北海道)
曽原湖(福島県)

あたりで良さそうな物件がありました(値段は無視ですが。。。)

まだまだマイナーな湖をチェックすれば、丁度良い物件があるかもしれません

自転車やランニングで全国の湖一周をしたいと考えているので、一周チャレンジしながら物件探しをしてみたいと思っています

60歳〜65歳で終の住処を見つけられるといいのですが。

旅をしながら湖畔キャンプでもいいかも

キャンプツーリング

手が無いわけではありませんが、湖畔沿いに住むのはハードルが高いことがわかりました

一方、湖畔といえばキャンプ場です

湖畔キャンプ場は湖の一等地にあることが多いと思います

物件探しはのんびりとやって行こうかと思いますが、車やバイクで旅をしながら全国の湖畔キャンプ場を放浪するというのも、なかなか楽しそうです

スポンサーリンク

まとめ

湖畔生活はまだまだ「夢のまた夢」であることがわかりました

ただ、この夢は持ち続けていきたいと思います

だって、なんか楽しそうなので。

考えているだけでも、少し幸せな気分になってきます

アーリーリタイア実現までに、自分が幸せだと感じることを一つ一つ拾っていきたいと思います

それでは、また。

Chiritsumo

コメント

  1. 彦根太郎 より:

    琵琶湖は滋賀県やでw