いろいろ

Sponser link
いろいろ

実は今がサラリーマン アーリーリタイア黄金期かもしれない

私は今サラリーマンをしていて、アーリーリタイアを目指しています。リタイア達成するには、かなりハードルが高いと感じていますが、将来のサラリーマンが置かれる状況を考えてみると、今の方がリタイアしやすいのではないかと思うようになってきました。そう、サラリーマンがアーリーリタイアをする黄金期ではないかと。
いろいろ

「終身雇用はもう守れない」という経団連会長の発言に思う事

先日、中西経団連会長が「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と発言した事について、色々と話題になっています。この終身雇用の今後とアーリーリタイアへの影響について考えてみたいと思います
いろいろ

退職金制度の動向をチェックしていくべし

先日、退職金が20年前と比べて大きく下がっているという記事を目にしました。退職金は金額が大きくリタイア資金としてかなり当てにしているので今後の動向に注目しています。リタイアを考えている自分にとって、何を準備しておく必要があるのか?今回は、そんな話です
いろいろ

子持ち家族のリタイアのハードルは高い

私はアーリーリタイアを目指している独身アラフォーです。リタイアを考えているときにいつも感じることは、独身じゃないとアーリーリタイアの難易度は跳ね上がるなぁとういことです。既婚者と独身との違いはどこにあるのか?を考えていきます
いろいろ

何歳まで車を運転するか〜池袋暴走事故で考える〜

池袋で87歳が運転する車が暴走し、死者が出るという痛ましい事故が発生しました。車の故障なのか、運転ミスによるものなのか、事故の真の原因は分かっていません。今回は自分は何歳まで運転を続けるか?ということを考えたいと思います
いろいろ

セミリタイアから完全リタイアへの出口戦略

私はアーリーリタイアを目指していますが、リタイアブログを見ているとセミリタイアのほうが多いようですね。しかしセミリタイアも、いつかは働けない日がやってきます。セミリタイアもいつかは完全リタイアへ移行することを考慮して戦略を練っておくべきです
いろいろ

大谷翔平も使ったマンダラチャートでアーリーリタイアを考えてみる

メジャーリーガーの大谷翔平選手は高校時代にマンダラチャートという発想法を使っていました。私はアーリーリタイアを目指していますので、このマンダラチャートを使ってアーリーリタイア実現を考えていきたいと思います
いろいろ

こころの定年について

最近よくサラリーマンは40歳で心の定年という言葉を耳にしませんか?自分もアラフォーで、アーリーリタイア実現に向けて活動していることを考えると、すでに心の定年を迎えているのかもしれません。そこで、心の定年について考えてみたいと思います
いろいろ

アーリーリタイア後の生活設計

私はアーリーリタイアを目指しています。必要なリタイア資金のやリタイア後にやりたいバケットリストの作成などを進めていますが、実際リタイアした後の生活についてまだ具体的なイメージを作れていません。そこで、リタイア後の生活について考えていきたいと思います
いろいろ

リタイア資金8000万の実力

私はアーリーリタイアを目指していますが、リタイア資金についてはいろいろ検討してきました。そんな中、8000万という金額が秘めたる実力を持っていると考えるようになってきました。1億には届かないが、高額すぎてなかなか注目されることのない8000万の実力とは?
いろいろ

バイク 日本一周 費用試算

アーリーリタイア した後にやりたい事の一つに、バイクで日本一周があります。リタイア後であれば、時間を気にせずにゆっくりと日本を周る事が可能です。しかし、実現するためには先立つ物が必要です。費用として一体いくら必要なのか?今回は、そんな話です
いろいろ

リタイア生活で失敗しないために。リタイアブログ分析(生活費編)

リタイア実現 に向けて必要な生活費を考えるときに、皆さんのセミリタイアブログを参考にさせて頂いています。自分の設定予算はどの位置付けにあるのかを認識することは、リタイア生活で失敗しないために有効です。そこで生活費の分布を調査・分析してみます
いろいろ

リタイアで失敗しないために。リタイアブログを分析してみる

アーリーリタイア実現 に向けて必要な資産を考えるとき、リタイアブログを参考にしています。自分の設定資産の位置付けを知ることはリタイア資金で失敗しないために有効な事です。そこで、リタイアブログのリタイア資金額の分布を調査・分析してみます
いろいろ

安楽死を選んだ104歳生態学者から考える人生100年時代の生き方

現役生態学者デービッド・グッドール教授(104歳)が安楽死のためスイスへ渡航し、お亡くなりになりました。特に健康上の問題はなく「長く生きたことを後悔している」として安楽死を選んだようです。人生100年時代の生き方を考えさせられました
いろいろ

未来年表から考えるアーリーリタイア生活

アーリーリタイア をすると収入源が無くなるため社会の変化に対しての対応が難しくなります。そのため、将来を予測して計画を立てる必要があります。そこで、未来年表を使って将来のアーリーリタイア 生活を想像してみたいと思います。今回は、そんな話です
Sponser link