昔は55歳定年制だったのに。海外の定年・年金制度トレンドは?

アーリーリタイアのメリットとデメリット いろいろ

こんにちは、Chiritsumoです

日本ではかつて55歳定年制でしたが、60歳に代わりそして今では希望選択制ではありますが65歳定年に移行しつつあります

また、人生100年時代!と合わせて70歳定年や死ぬまで現役などという意見を耳にするようになって来ました

これらの定年の変遷は寿命や年金制度と密接に関係していますが、こうも短期間で延長延長となってしまうと働いている方はモチベーション維持が難しくなってきます

日本だけ異常な状態なのか?海外のトレンドはどうなっているのか?

そんな疑問が湧いてきたので調べてみました

今回は、そんな話です

日本の定年制度と年金制度の歴史

アーリーリタイア 、早期退職、セミリタイア、生活費、寿命、健康寿命

どのくらいのスパンで変化してきたかを簡単に見てみます

定年制度の変遷

昭和初期・・・55歳定年
1980年代・・・60歳定年(努力義務化)
1990年代・・・60歳定年(再雇用義務化)
1998年施行・・60歳定年
2000年・・・・65歳定年(努力義務化)
2006年施行・・65歳定年(段階的義務化)
2013年施行・・65歳定年(全希望者義務化)

昔は55歳定年だったのですねぇ。いい時代です

今は70歳定年、生涯現役の議論が始まり出している状況。

すごいペースで定年が伸びていっています

感覚的には15年毎に5年定年が延長されるペースです

このままでは自分が定年を迎える頃には75歳定年とか80歳定年になりかねないです

18歳で入社した場合は、入社60年目なんて方が出てくるということです

恐ろしい。そして、そんなに一つの会社が継続できるのか?という疑問もあります

ここまで来ると一つの会社で働き続けるということ自体が珍しくなるかもしれません

そして、定年制度自体が無くなりそうですね

スポンサーリンク

年金制度の変遷

続いて、定年制度と密接な関係のある年金制度変遷を見ていきます

1942年・・・・・労働者年金保険法(のちの厚生年金保険法)制定
〜制度の充実〜
1985年改正・・・女性の老齢厚生年金支給年齢を55歳〜60歳に段階的に引き上げ(2000年までに)
1994年改正・・・定額部分支給年齢を60歳〜65歳まで段階的に引き上げ(2013年までに)
2000年改正・・・報酬比例部分支給年齢を60歳〜65歳まで段階的に引き上げ(2025年までに)

大体20年毎に5年支給開始年齢が遅くなっています

このペースで行くと自分が60歳になる頃には確実に70歳支給開始になりそうです

場合によっては75歳支給開始になるか、支給金額が大きく目減りする可能性が高いと言えます

ちなみに定年延長・年金受給延長と密接に関係のある寿命予測はこちらを参照↓

平均寿命と健康寿命から考えるリタイア 計画
リタイア計画を考える上で、何歳まで生きることを想定するかというのは重要です。そこで、現在増加傾向にある平均寿命と、健康で活動ができる健康寿命について考えてみたいと思います。今回は、そんな話です
スポンサーリンク

海外の定年制度と年金制度

湖畔に佇む家に住みたい

日本の定年・年金制度状況に対し、海外はどのような状況なのか?調べてみました

インターネット検索で調べてみた情報なので、間違っていたらすみません

2019年9月時点の情報です

定年年齢 年金支給開始年齢
日本 60歳→65歳
2013年以降
65歳
2025年度までに引き上げ
ドイツ 65歳→67歳
2029年までに引き上げ
67歳
2029年までに引き上げ
韓国 60歳 65歳
2033年までに引き上げ
中国 男性60歳/女性55歳 男性60歳/女性55歳
タイ 55歳→60歳
2017年から引き上げ
55歳
フィリピン 65歳 65歳
フランス 65歳→67歳
2023までに引き上げ
61歳→62歳
オーストラリア 定年制無し 67歳
2023までに引き上げ
イギリス 定年制無し 68歳
2046年までに引き上げ
アメリカ 定年制無し 67歳
2027年までに引き上げ

定年延長と年金受給年齢延長は世界的な流れになっていると言えます

一方で主流になるかはわかりませんが、定年という制度を廃止する動きもおきていると言えます

世界の定年年齢も上昇傾向!?長く働くのは日本だけではない! - キャリアを考える - ミドルシニアマガジン | マイナビミドルシニア
「日本は高齢化が進んだせいで、年金の支給も遅れ、この歳になっても働かなければいけない......」とこぼすこともあるかもしれません。しかし、その流れは世界共通のもの。じつは、日本よりも定年年齢が長く設定されている国もあるのです。

https://www.swissinfo.ch/jpn/business/年金問題_平均寿命が延びた今-より長く働くべきか/43055874

スポンサーリンク

定年制度が無い国の実情(アメリカ・イギリス・オーストラリア)

statue-of-liberty

定年制度が無い国はどのような実態なのか?

まず、定年制度が無い理由としては、

「年齢によって働く権利を奪われることは良くない」

という考えがベースにあるようです。(ただしパイロットなど安全上懸案がある場合は例外)

では、何歳くらいでリタイアしているのか?

アメリカの平均リタイア年齢は62歳となっているのが実態のようです

大体年金支給開始年齢よりも4年〜5年早くリタイアしていることになります

国によって、定年退職の年齢が違う?最大最小と平均を紹介!
かつては55歳が定年だった日本社会も、その後は60歳、そして2012年に改正された『高齢者雇用安定法』により、原則として働きたいと希望する人材は65歳まで雇用することが義務づけられました。はたして海外では定年退職の年齢は何歳と決められているのでしょう? 一番若い国、一番高齢まで働く国はどこでしょう? 海外の定年事情につ...
定年年齢は万国共通?日本と海外の定年制の違い - Morebiz
高齢化する日本では、近年、定年年齢の引き上げについてよく議論されていますよね。高齢者雇用安定法では、定年制を定めている事業主に対し、「定年年齢を60歳から引き上げ」「継続雇用制度の導入」「定年制度そのものの廃止」の3つの …

ちなみに定年が早い国は?

UAEは平均で49歳でリタイアしているようです

随分と早いリタイアです。羨ましい。

自分は50歳アーリーリタイアを目指していますが、UAEからすれば平均よりも遅いレイターリタイア?と言えます。国によって大分違いますね

それでも10年前はUAEでは40歳でリタイアしていたようなので、リタイア年齢が遅くなっているという流れは、全世界的なトレンドですね

そんなトレンドと逆行したアーリーリタイアやFIREムーブメントというのは、異質であり難易度の高い取り組みと言えるのではないでしょうか

UAEは49歳、日本は62.7歳……世界の「定年」年齢事情 中国とノルウェーの差は12年 | ZUU online
平均的な定年退職の年齢は各国・地域によって異なりますが、日本は62.7歳。中国と米国では8年、ノルウェーでは12年もの差が開くそうです。退職年齢が最も低いのはアラブ首長国連邦(UAE)で49歳です。
スポンサーリンク

まとめ

定年延長と年金受給年齢延長は世界的な流れになっていると言えます

また定年制度が無い国の実情も、定年制度がある国と大きくは変わっていないようです

定年延長されてもサラリーマンの生涯年収は大きく変わらないと考えられ、ただ単に月々の給与が薄く引き延ばされるだけになる可能性が高いと自分は思っています

こんな流れの世の中だからこそ、アーリーリタイアの準備は早めにするのが大事だと改めて思いました

アーリーリタイア実現に向けて、コツコツと前に進んでいきます

それでは、また。

Chiritsumo

コメント