小さい支出で生きていくという事が自由であると感じる理由

いろいろ

こんにちは、Chiritsumoです

我々は、ついついお金を追い求めてしまいがちです

それは、お金があれば自由を手に入れる事ができると思っているからです

しかし、本当にそうでしょうか?

お金を持っていて、いい生活を送っている人の中にも不自由そうな人もいます

また、質素な生活をしているものの人生豊かに楽しんでいる人もいます

そんな疑問から、少しお金と自由について考えてみます

今回は、そんな話です

スポンサーリンク

小さい支出で生きるメリット

一般的に、お金持ちであればあるほど選択の自由度が高いと考えられています

それは、「購買能力があるか?」という意味では事実です

一方で、本人が「納得して」「気軽に」購入できるか?利用できるか?

という観点で考えると変わってくると思っています

むしろ、小さい支出で満足して生きていける方が自由だと自分は考えています

飛行機の搭乗クラスの例

飛行機

たまに、

「一度ビジネスクラスに乗ったら、エコノミーなんて2度と乗れないよ」

なんて言っている人がいます

自分も仕事でビジネスクラスに何回か乗った事があるのでわかりますが

確かにビジネスクラスはエコノミーに比べて食事も美味しいし快適でステータスもあると思います

でも、個人で利用するにはあまりにも金額が高すぎる!

最近のエコノミーもだいぶ快適になって来たので自分の場合はエコノミーでも問題ないです

仕事でビジネスクラスに乗れるのであればウェルカムだが、個人旅行はエコノミーでOK。

自分の場合はそんな感じです。

しかし、冒頭述べたようにビジネスクラスじゃないと満足できない人もいます

「エコノミーだと不満が溜まり、非常にストレスになって我慢できない!」

つまりストレスでエコノミーという選択肢を取る事が出来ないということです

それって不自由だと思いませんか?

ビジネスクラスでないと我慢できなくなってしまった人は

「満足できる基準が上がってしまった」と考えられます。この基準で考えると

ファーストクラス:十分満足
ビジネスクラス:まあ、満足。普通(基準)
エコノミー:満足できない

一方で、エコノミークラスで満足できる人は

ファーストクラス:非常に満足
ビジネスクラス:十分満足
エコノミー:まあ、満足。普通(基準)

エコノミーで満足できる人の方が、選択の自由度があって満足度も高くできる可能性があるのではないかと思います

自分はビジネスクラスで無いと満足できないような不自由な人にはなりたいとは思いません

むしろLCCで満足できるようになり、さらなる自由人に近づきたいです

このように、「お金の有り無し」と「満足できる基準の高さ」がごっちゃになってお金持ちの

スポンサーリンク

食材の例

卵

日本人の食卓に欠かせない「卵」を例に取って考えます

自分は卵かけご飯が好きなので、よく卵を買います

晩ご飯が「1週間毎日卵かけご飯」でも問題ない人間です

そして自分が買うのは、普通のスーパーに売っている生卵です。それで十分満足です

でも最近時、ブランド物の卵も出回るようになりました

ヨード卵光くらいであればスーパーでも手に入りやすいですが、

それ以上にこだわると、入手するのも手間がかかります

販売店に車で行っての直売購入や、インターネットでの購入が必要となってきます

「ちょっと今日は卵かけご飯の気分だな」と思ってもすぐには入手できません

それって不自由だと思いませんか?

もちろん、たまには贅沢な卵かけご飯というのもいいと思いますが、

拘りの卵じゃないと満足できない・・・というところまで行ってしまうと、途端に不自由です

食べたい時に卵かけご飯すら食べれない生活になってしまうのですから。

「世の中一般的に流通している物で満足できる」ということは

時間軸でも金銭軸でも、人生を豊かにしてくれると言えます

スポンサーリンク

美味しんぼの名言 とんかつ大王

とんかつ

漫画「美味しんぼ」のとんかつ屋のくだりをご存知ですか?

暴漢に襲われてカツアゲにあった学生に対し、とんかつ屋の主人がとんかつをご馳走しながら掛けた言葉です

主人:なあ、学生さん。若いうちの苦労は身になるよ
主人:うーんと苦労すれば、必ず報われるとも。
奥様:勉強して偉くなってちょうだいよ
主人:なーに。人間そんなに偉くなることはねぇ。丁度いいってもんがあらぁ。
主人:いいかい。とんかつをなぁ。とんかつをいつでも食えるくらいになりな
主人:それが人間偉すぎもしない、貧乏すぎもしない、丁度いいくらいってとこなんだ
主人:なぁ?

美味しんぼより引用

丁度いい基準を持つということ、大事です

スポンサーリンク

まとめ

お金があれば、あらゆる物を購入できるし行動もしやすいと思いますが、

普通で満足できなくなってしまうと、途端に不自由になると考えます

基準を上げず選択の幅を広く取れるようにする事で、満足度を最大限に引き出す事ができる

その方が、人生自由で気持ちが豊かになれる

と信じています

なので、小さい支出で大きな自由を手にすべくアーリーリタイアに邁進していきます

それでは、また。

Chiritsumo

コメント