アーリーリタイア 資金シミュレーション(55歳,3000万)

アーリーリタイア

こんにちは、Chiritsumoです

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?

また、その資金をどのように使って行けばいいのか・・・

というのは、常に気になってしまうものです。

そこで、その不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます

【今回のシミュレーション】
リタイア資金:3000万
リタイア年齢:55歳

今回は、そんな話です

Sponser link

前提条件

まずは、シミュレーションを行う上での前提条件です。

リタイアスタート年齢:55歳
リタイア資産:3000万円
性別:男
家族形態:独身
住居:持ち家(ローンなし)
車・バイク:有り
寿命:90歳
健康寿命:75歳
【年金】
60歳まで国民年金を納付する
年金受給開始年齢:70歳
年金受給金額:191万円
【失業保険】
リタイア一年目の税金/健康保険費用は失業保険から補填し、資産影響は無いとする

寿命設定は将来の女性の寿命を設定していますので、約5歳長めに設定しています

年金受給開始年齢は将来後ろ倒しになると考えていますので、5年開始時期遅らせています

平均寿命と健康寿命から考えるリタイア 計画
リタイア計画を考える上で、何歳まで生きることを想定するかというのは重要です。そこで、現在増加傾向にある平均寿命と、健康で活動ができる健康寿命について考えてみたいと思います。今回は、そんな話です

生活レベルの設定

次に、どのような生活レベルを設定するかというお話です。

私は毎年かかる基本生活費と、数年毎に発生する耐久家財費を分けて考えています。

また、それぞれに支出レベルを設定して、その組み合わせでアーリーリタイア に必要な総資金額を決めようと考えています。

例えば、普段の生活は質素にして、その分家財費を多く確保することで、『こだわりの物に囲まれて生きていく』とか、メリハリのある計画を考える上で有効になると思っています

今回のシミュレーションでは話を簡単にするため、生活費と耐久家財費は同じレベルの組合せで検証していきます

アーリーリタイア資金:生活費と耐久家財費のレベルを組み合わせてマトリックス化してみた
アーリーリタイア後の支出額を、生活費と耐久家財費に分けて算出しています。しかし、生活費と耐久家財費それぞれに求めるレベルがあるため、レベルわけを行ってきました。レベルの組み合わせ方次第で総支出額のパターンが増えるので、今回マトリックス化をしました

基本生活費

自分が想定している生活費は150万/年です。

これを中心(LEVEL3)に約50万円毎にレベル分けをしています。

大体50万/年違うと余裕度が1段階変わるというのが自分の感じ方です。

この生活費に国民年金納付金額:約20万/年が加わった金額が年間の基本生活費となります

アーリーリタイア と生活費

アーリーリタイア資金:年間生活費をレベル分けして考えてみた
リタイア後の生活費について、設定生活費が最低限の生活コストに対してどのくらい余力があるのか?自分にとってより満足度の高い生活をするには後どのくらい予算を積み増しておくのが良いのか?と言う観点で年間生活費をレベル分けして試算しました

耐久家財費

耐久家財費ですが、車・家電買い換え、家補修費に加えて医療費を含めています

LEVEL3でTOTAL金額としては2800万円です

アーリーリタイア と耐久家財費

アーリーリタイア 資金:耐久家財費をレベル分けして考えてみた
生きていくには日々の生活費とは別に、車や家電買い替え、医療費といった費用がかかります。これらの費用は求める物によってピンキリですので、どのレベルでリタイア資金を設定するのかが重要となってきます。そこで耐久家財費をレベル分けして試算しました
Sponser link

シミュレーション

支出、収入、そして資産推移のシミュレーション結果です。

グラフ作成はGoogle spreadsheetで作成しています。

横軸が年齢、縦軸が金額(万円)です

シミュレーション(インフレ率0%)

シミュレーション(インフレ率0%,安全資産運用,150万/年)

安全資産運用:3000万
安全資産運用率:0.05%
インフレ率:0%
生活LEVEL:LEVEL3(150万/年)

【支出推移】

・75歳から90歳にかけて医療費を取り崩すとしています
・20年毎に家の補修費を計上しています

【収入推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,収入

年金受給までほとんど収入がありません

【資産推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,資産

残念ながら69歳で底を尽きました

シミュレーション(インフレ率0%,安全資産運用,100万/年)

安全資産運用:3000万
安全資産運用率:0.05%
インフレ率:0%
生活LEVEL:LEVEL2(100万/年)

150万/年の生活では資金が底をつくことがわかったので、生活レベルを100万/年に見直してシミュレーションをしてみます

【支出推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,支出

【収入推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,収入

【資産推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,資産

支出が抑えられたことで、90歳まで資金が持つことがわかりました

シミュレーション(インフレ率2%)

次は、インフレを考慮して資産シミュレーションをしてみます

インフレ率は日銀が目標と掲げている2%とします

シミュレーション(インフレ率2%,安全資産運用,100万/年)

まずはインフレ無しで成立したLEVEL2で試算してみます

安全資産運用:3000万
安全資産運用率:0.05%
インフレ率:2%
マクロ経済スライド:0.9%
生活LEVEL:LEVEL2(100万/年)

【支出推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,支出

生活費を抑えた分だけ支出が減っています

【収入推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,収入

収入の方は大きな変化無しです

【資産推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,資産

90歳でも資産はもちそうです。

これは、55歳まで働いたことで年金額が大きく確保できているため、インフレによる支出高騰を飲み込める状態となっているからと考えられます

年金額が少ない場合は、もっと支出を抑えていかないと厳しいでしょう

シミュレーション(インフレ率2%,安全資産運用,70万/年)

LEVEL2では資金的にギリギリのため、LEVEL1で試算してみます

安全資産運用:3000万
安全資産運用率:0.05%
インフレ率:2%
マクロ経済スライド:0.9%
生活LEVEL:LEVEL1(70万/年)

【支出推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,支出

【収入推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,収入

【資産推移】

シミュレーション,アーリーリタイア ,資産

70万/年の生活までLEVELを落とせば資金的にはかなり余裕が生まれることが確認できました

70万/年は、自分としては許容できる最低ラインと考えているので、70万/年と100万/年の生活LEVELを組み合わせながら資金コントロールをしていけばバランスの良い計画となりそうです

Sponser link

シミュレーション(インフレ率2%,リスク資産運用,100万/年)

ちなみに、100万/年の生活LEVELでリスク資産運用を行なった場合が下の資産推移となります。

安全資金:1500万
リスク資金:1500万
安全資産運用率:0.05%
リスク資産運用率:3%
配当金増配率:3%
インフレ率:2%
マクロ経済スライド:0.9%
生活LEVEL:LEVEL2(100万/年)

シミュレーション,アーリーリタイア ,資産

資金的には、かなり安心感がありますね。やはりリスク資産運用は効きますね

Sponser link

まとめ

アーリーリタイア 資金:3000万、リタイア年齢:55歳で資金シミュレーションを行いました。

【インフレ率0%】
100万/年の生活費でリタイア可能

【インフレ率2%】
100万/年の生活費でリタイア可能
70万/年の生活費 or 100万/年xリスク資産運用を組み合わせると余裕を確保できる

リタイア 年齢を遅らせると、

年金支給までの期間が短くなる+年金支給額が増える

の相乗効果で、必要資金がだいぶ少なくなりますね。資金構築も期間が長いので有利です

実際55歳あたりでのリタイア実現が多いと思います

セミリタイアからアーリーリタイアへ途中から移行する方も、55歳/3000万あたりの資金計画を意識している人が多いのではないかと推測しています

セミリタイアとはいえ、いつまでも働いてはいれないわけですから、

出口戦略を考えておかないといけないのではないでしょうか

それでは、また。

Chiritsumo

投資、リタイアは自己責任で!

コメント