スポンサーリンク
いろいろ

節約とミニマリストとアーリーリタイア

しがないサラリーマンのアーリーリタイア 実現には、節約は切ってもきれない関係です。一方で、最近はやりのミニマリストはどうなのでしょうか。節約とミニマリスト、似て非なる物とアーリーリタイア の関係を考えていきます。今回は、そんな話です
いろいろ

アーリーリタイアを実現するために向き合う6つの事

アーリーリタイア を考えると、今まで意識してこなかった様々なことを考えさせられます。それらはアーリーリタイア をするしないは別としても、自分らしい人生を送る上で大切なことだと感じました。アーリーリタイア を考えていくと向き合わざるを得ないこととは何なのか?今回は、そんな話です
いろいろ

セミリタイアではなくアーリーリタイアを目指す理由

早期退職して暮らしていく生き方にはセミリタイアとアーリーリタイアがあります。ブログでも人気のセミリタイアですが、私はセミリタイアではなく、アーリーリタイア を目指しています。何故アーリーリタイアを目指すのか?についての理由をまとめました
アーリーリタイア

アーリーリタイア 資金シミュレーション(40歳,4000万)

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?そんな不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回はリタイア年齢40歳,リタイア資金4000万でのシミュレーションです
アーリーリタイア

アーリーリタイア 資金シミュレーション(45歳,5000万)

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?そこで、不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回はリタイア年齢45歳,リタイア資金5000万円でのシミュレーションです
アーリーリタイア

アーリーリタイア 資金シミュレーション(50歳,6000万)

アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?そこで、不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回はリタイア年齢50歳,リタイア資金6000万円でのシミュレーションです
言葉の力

リタイア参考本紹介(群ようこ著 れんげ荘)

アーリーリタイア を考える上で、参考になった本や共感を覚えた本を紹介していきます。今回は、セミリタイア/アーリーリタイア ブログでは非常に有名な本:群ようこ著『れんげ荘』を取り上げます
資産運用

収入実績 2017年まとめ(給与外)

私はサラリーマンですので基本収入は会社からの給与となります。しかし、アーリーリタイア 実現に向けて加速するために、僅かではありますが資産運用を行っています。そこで、2017年資産運用結果をまとめます
支出

支出実績 2018年4月

2018年4月の生活費支出実績です。今月の支出合計は283,873円(前月比:3,166円)でした。連続して増加傾向となってしまいました。新生活での落とし所を早めに見つけていきたいと思います
いろいろ

車中泊日本一周 費用試算

アーリーリタイア した後にやりたい事の一つに、車中泊で日本一周があります。リタイア後であれば、時間を気にせずにゆっくりと日本を周る事が可能です。しかし、実現するためには先立つ物が必要です。費用として一体いくら必要なのか?今回は、そんな話です
いろいろ

平均寿命と健康寿命から考えるリタイア 計画

リタイア計画を考える上で、何歳まで生きることを想定するかというのは重要です。そこで、現在増加傾向にある平均寿命と、健康で活動ができる健康寿命について考えてみたいと思います。今回は、そんな話です
支出

支出実績 2018年3月

2018年3月の生活費支出実績です。今月の支出合計は280,706円(前月比:+23,648円)でした。新生活でバタバタしていますが、そろそろ日々の意識を高めていかなければ・・・と感じている今日この頃です
支出

支出実積 2018年2月

2018年2月の支出実績です。今月の支出合計は257,058円(前月比:マイナス156,239円)でした。生活費は想定範囲内であったものの、仕事関連費用の負担が大きいです。少しづつ自分の立ち位置を模索していきたいと思います
いろいろ

リタイアすると増える生活費減る生活費

リタイアすると生活のリズムが大きく変化するため、生活費の項目や予算の見直しが必要になってきます。リタイア前後の費用変化点を把握していれば、より精度の高い生活費設定ができるでしょう。リタイア前後の生活費で、『減る費用』『増える費用』を考えます
いろいろ

アーリーリタイア 生活におけるリスク

憧れのアーリーリタイア ですがリスクを伴います。リスクを認識していれば、対策や準備が出来たりリスク関連情報に敏感になることで、先回りして変化に対応することもできるかも知れません。そんなアーリーリタイア のリスクを棚卸ししたいと思います
スポンサーリンク