リタイア資金 6000万円は地味にいい感じ?

小屋 アーリーリタイア

こんにちは、Chiritsumoです

私はアーリーリタイアを目指しています

リタイア資金は50歳6000万を考えています

ある記事では5000万で世界が変わる、5000万の魔力なんて語られています

5000万ではなく、何故6000万なのか?

そしてリタイア資金6000万円の魅力は?

今回は、そんな話です

リタイア資金を6000万に設定した理由

リタイア資金としてよく見る数字は3000万、5000万、1億ですよね

セミリタイアは3000万、アーリーリタイアは5000万、憧れの億り人でしょうか

そもそもリタイア資金は各個人によって必要金額が異なります

車の有無や、持ち家かアパートか、独身かDINKSか子供ありか、趣味は何か?などなど・・・

各々の家族構成や生活スタイルに合わせてシミュレーションを行い、

リタイア資金を算出することが重要です

自分がリタイア資金6000万を目標にした理由も、

必要な金額を自分なりにシミュレーションして検討した結果です

アーリーリタイアに必要な資金を考えてみる
アーリーリタイアを検討する中で悩ましいのは、一体いくら貯めれば安心してリタイアできるのか?という事です。もちろん、実現したい生活環境や安心できる安全率は人よって違うので答えはありません。自分に合ったリタイアの形を悩みながらも模索する話です
アーリーリタイア 資金シミュレーション(50歳,6000万)
アーリーリタイア するためには資金がいくら必要か?そこで、不安を払拭するため一年毎のライフプランを考えながら資金の推移を検証していきます。今回はリタイア年齢50歳,リタイア資金6000万円でのシミュレーションです
スポンサーリンク

リタイア資金6000万の可能性

自分でシミュレーションした結果必要資金が6000万なら、それだけ貯めてリタイアすればいいじゃん

という話なのですが、自分は少し心配性なので自分に言い聞かせるために

色々と理由づけをしたくなるものなのです

そこで、色々な視点からリタイア資金6000万円の強みを考えていきます

リスク資金50%でもギリギリ配当金生活ができる可能性がある

リタイア資金を全額リスク資産に投入する方もいらっしゃるようですが、

自分はリスク資産はMAX50%とするのがいいのではないかと考えています

リタイア資金6000万の場合、リスク資産に回せるのは3000万です

このリスク資産3000万を3%で運用出来れば、税引後の収入で約72万円です

この金額は、自分がminimumだと考えている年間生活費(70万/年)を賄えます

アレコレと求めなければ、資金を減らすことなく生活する事ができます

世の中の情勢を見ながら、臨機応変な対応をすることができます

これが、リスク資産2000万強だと収入は50万〜60万程度となり、

流石にこの収入内で生活するのは自分にとって厳しいです

そういう意味では、6000万円は絶妙なポジションです

スポンサーリンク

リスクにもある程度対応できる

リスク資産比率を最大50%と設定すると安全資産は3000万残ることになります

リタイアの途中でリスク資産がかなり溶けてしまっても、それまで少しづつ取り崩してきた安全資産と合わせて合計3000万くらいは確保できるでしょう

資金3000万があればアーリーリタイアが破綻したとしても、セミリタイアに移行できます

セミリタイアをしばらく続けて、再びアーリーリタイアへ返り咲きを狙えます

セミリタイアから完全リタイアへの出口戦略
私はアーリーリタイアを目指していますが、リタイアブログを見ているとセミリタイアのほうが多いようですね。しかしセミリタイアも、いつかは働けない日がやってきます。セミリタイアもいつかは完全リタイアへ移行することを考慮して戦略を練っておくべきです
アーリーリタイア 生活におけるリスク
憧れのアーリーリタイア ですがリスクを伴います。リスクを認識していれば、対策や準備が出来たりリスク関連情報に敏感になることで、先回りして変化に対応することもできるかも知れません。そんなアーリーリタイア のリスクを棚卸ししたいと思います

リタイア資金5000万円に対し、+1000万円の安心感

温泉

リタイア資金は人それぞれとはいえ、資金5000万円でアーリーリタイアを実現している人が数多くいることは事実です

その5000万円に対し、+1000万円の余裕があると考えると少し安心できます

年間100万円の生活費で言えば、10年分の余裕があるわけですから。

また、インフレを考慮すると5000万では少し心許ない

そんなこんなを考えると6000万ってしっくり来るんですよね

地味だけど、実力派といいますか・・・

といいつつも、より安全安心に生活するには8000万だと思っています

人間は欲深い生き物ですね

リタイア資金8000万の実力
私はアーリーリタイアを目指していますが、リタイア資金についてはいろいろ検討してきました。そんな中、8000万という金額が秘めたる実力を持っていると考えるようになってきました。1億には届かないが、高額すぎてなかなか注目されることのない8000万の実力とは?
スポンサーリンク

まとめ

自分としては6000万はいいところを行っていると考えています

その割には、リタイアブログでは6000万円を目標設定にしている人が少ないと感じています

他人と比較する話ではないですが、自分の考えでしっかりと目標を立てた上で、周りとの位置付けを客観的に捉えることは必要だと思っています

その上で、リタイア資金6000万は地味だけど、やっぱりいい線いっていると思います

それでは、また。

Chiritsumo

コメント

  1. deefe より:

    50歳で独り身なら5000万でもかなり安全よりの資産運用でも大丈夫な感じはするけどね

    • Chiritsumo Chiritsumo より:

      deefeさん
      コメントありがとうございます
      リタイアを実践されている方のコメントは参考になります

      通常の生活費は問題ないと思っているのですが、車や家を持っているのでそれらの買い替え費用や家の修繕費をどれだけ積むかで必要資金は大きく変わってくると考えています。
      今は絞りすぎないようにしてそれなりの金額を積んでいますが、リタイアの準備を進めていく中で必要な金額を見極めていきたいと思います

      • deefe より:

        結構頭痛いのは自分が死んだ後の家の処理費をどうやって親族に残すかだなあ
        結構頭悩ましている。
        自分で処理するのが一番いいのだろうけど突然死んだりするかもしれんし

        • Chiritsumo Chiritsumo より:

          deefeさん
          コメントありがとうございます

          なるほど。深いですね。自分はまだその領域には至っていません。
          恥ずかしながら目の前のリタイア資金で頭がいっぱいです・・・。

          リタイア生活実現には、考えることが色々ありますね
          そんなことも楽しみながら、リタイアに向けて歩んでいきたいと思います