確定拠出年金 2020年5月 運用実績【アフターコロナ?】

確定拠出年金,実績 アーリーリタイア

こんにちは、Chiritsumoです

確定拠出型年金の運用実績を定期的に確認していきます

2020年05月31日時点での運用実績です

今回は、そんな話です

スポンサーリンク

運用状況

私が運用しているのは、企業型確定拠出年金です

基本ほったらかしにしようと思っています。

Total評価額

2020年05月31日時点評価金額です

原資金額:1,000,593円

評価金額:1,010,850円(原資金額比+10,257円,+1.0%)

久々のプラス圏に回復です

原資金額 評価額 損益 原資比率 評価比率
国内債券インデックスファンド ¥284,892 ¥287,235 ¥2,343 28.47% 28.42%
外国債券インデックスファンド ¥100,102 ¥106,909 ¥6,807 10.00% 10.58%
国内株式インデックスファンド ¥234,884 ¥224,595 ー¥10,289 23.47% 22.22%
外国株式インデックスファンド ¥380,715 ¥392,111 ¥11,396 38.05% 38.79%
Total ¥1,000,593 ¥1,010,850 ¥10,257 100.00% 100.00%

確定拠出年金 内訳2020-05-31

運用実績履歴

評価額の推移です

確定拠出年金 金額2020-05-31

各項目の原資に対する増減%推移です

確定拠出年金 パフォーマンス2020-05-31

各項目の原資に対する損益金額推移です

確定拠出年金 パフォーマンス2020-05-31

久々にプラス圏に回復してきました

Total金額パフォーマンス推移ですが
コロナウイルス前(+9.4%)
コロナウイルス後(ー12.3%)
現在アフターコロナ?(+1.0%)
となっています

コロナウイルスショックでは21.7%下がり、現在はショック前と比較してようやくー8%の所まで持ち直したという状況です

株式市場の雰囲気はアフターコロナ経済への期待で一気に株価回復傾向になっていますが、自分の予想はここからさらにもう一段下がると思っています

6月や9月の決算に対する反応に注目です

新型コロナ収束後の経済予測
節約と資産運用で早期退職(アーリーリタイア)を目指してブログを運営している独身家持ちサラリーマンです。コロナショックで株式市場はすごい一年になりそうですが、リーマンショックの経験を元にアフターコロナの経済予想を素人なりに考えてみました。私の予想は回復に5年かかるです
スポンサーリンク

まとめ

市場はアフターコロナを見据えた動きになってきたようです

しかしながら、実体経済の流れが止まった事により多くの企業が資金的な体力を消耗してしまった状態と考えられます

今後は大企業が設備投資抑制に走り、世界的にジワジワと景気が下降していくと思います

長期投資なので、動じずにコツコツと購入していきます

それでは、また。

Chiritsumo

コメント